横須賀 味噌 調味料 【今村商店】

新着情報


◆2015年6月24日 ●●県 ●●様
 ・テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト

◆2015年6月24日 ●●県 ●●様
 ・テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト

◆2015年6月13日 ●●県 ●●様
 ・テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト

◆2015年5月30日 ●●県 ●●様
 ・テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト




 最近めっきり見かけなくなった調味料の量り売り。以前は、味噌はもちろん醤油、酢、ソース、油脂等から塩、砂糖に至るまで量り売りがあたりまえ。容器、空き瓶を抱えて店頭にはしった記憶のある方もあるいはおられるのでは。そんな中で今かろうじて残っているのが量り売り味噌。商店街を二、三か所歩きまわれば一軒ぐらいはありそう。他の調味料が軒並みパッケージ化されていくなかで、何故味噌だけが量り売りの形態をとどめているのか。答えは簡単。味噌は生き物だから。我々生物と同様、呼吸をしているからです。「じゃあ、袋詰めの味噌も呼吸しているの」かって。密封されていれば呼吸はできません。誤解を恐れずに言うなら仮死状態。それでも近頃は空気穴を開けた容器入り商品も出回っている。 生き物であるが故の難しさもある。保存方法もその一つ。買って一週間足らずで食に耐えないほど傷んでしまってはおいそれと買うこともできない。そのため現在市販されている商品の大多数に行われているのがアルコールの添加。味噌はいわゆる発酵食品、発酵が進むと旨み成分のアミノ酸がアルコールに変化する。それを抑えるために敢えてアルコールを添加するのだ。言わば毒を以って毒を制する方法。その他、発酵しにくい環境を与たえてそれを抑える手もある。温度調節、酸素の遮断等々。


 、発酵しにくい環境を与たえてそれを抑える手もある。温度調節、酸素の遮断等々。

会社名

有限会社 今村商店

住所

〒238-0007
神奈川県横須賀市若松町3-4

地図

電話・FAX

TEL: 046-822-0983
FAX:046-825-7604

取締役

今村信夫

スマートフォンサイトはこちら